サービス概要

USA
なぜESTAが必要

2009年1月12日より、日本を含むビザ免除プログラム対象国の市民は、米国に観光や商用目的で90日以内の短期滞在をする場合、ESTAによりビザ免除プログラムの申請および認証が必要となっています。
この「ビザ免除の対象者」は、ビザ免除の一方で、ESTA(電子渡航認証システム)を通して申請を行い、電子渡航認証を得ることが義務付けられています。アメリカの安全基準を遵守するため、ESTAの申請は必須です。


ビザ免除及びESTA(エスタ)申請のサービス
効率的ですばやく、米国訪問者と旅行ビザサービスをご利用するお客様のため、専門的な情報を提供しています。米国を旅行しようとする方々のために、有用な情報を日頃から収集活動を行っております。私たちははビザ免除プログラムに基づいて、米国へ渡米する各申請者に必要な情報を提供するために、お客様センターを24時間運営しております。お問い合わせはメールにて受付しております。 充実した効率的な旅行のためにはまず、知識と準備が必要で御座います。アメリカ合衆国が定めるビザ免除プログラムとESTA(エスタ)の渡航許可又は他の米国ビザサービスに関する詳細な情報はこちらをクリックしてお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
ビザ専門家による渡航申請処理
米国の移民や海外旅行に関する規制や政策などは、複雑で刻々と変化している状況です。
私たちのビザコンサルティングチームは深い専門知識はもちろんのこと全てのスタッフには豊富な経験が御座います。 豊富な経験などから国内及び国際的な非移民に関する政策から各国のVWP・ESTA(エスタ)の情報などが蓄積され多岐にわたる情報を所有しております。

当サービスにについて
ESTA APPLY SERVICEでは申請を全てをサポート致します。
1、フレキシブルなESTA申請を申請者に代わり代行手数料税込US$74にて行います。
2、受付時間は365日間24時間年中無休です。
3、サポートメール、申請結果(申込み控え)メールをお送りします。
4、初めて渡航される方など、ご不安なことなどございましたらメールで無料でご質問にお答えいたします。


利用規約・補足事項

最終的な入国判断はESTAとは別途入国地にて税関国境警備局審査官による入国審査があります。
ESTA申請の結果、拒否となる場合もありこの場合は米国大使館にてビザの申請が必要。 拒否の場合でも、返金の対応はいたしかねます。予めご了承ください。 当サイトは民間のサービスを提供しております。基本的に72時間以内に申請結果を通知。ESTA申請は米国国土安全保障省(DHS)の公式サイトに14米ドルにてご自身で行うこともできます。申請結果配信までに例外的に78時間ほどかかる場合が御座います。 申請代行後のキャンセルはサービスの性質上お受けできません。 ご自身で申請を行った場合でもサービス料金の50%をキャンセル料は発生致します。(自身の申請でも事前連絡がない場合は作業が進められているため、当サイトが渡航申請番号取得時点でいかなるキャンセルも受付できません。)当サイトは、ESTA申請に不安を感じる方、手続きを面倒に感じる方、英語が分らない方などのために ビザ免除プログラムに基づいたESTAの申請を代行しております。代行手数料はUS$74となります。 (申請処理及び管理サービスの費用US$74には米国国土安全保障省により定められているUS$14.00の旅行促進法の費用が含まれています。)登録者にはESTAに関する質問にお答えし、ご登録内容に不備の場合は、 本人に確認した上で代行を進めております。万が一、お客様の入力内容に不備・間違い、その他米国合衆国側での決定などで米国渡航に支障が生じた場合当社は一切の責任を負いません。これらの利用規約に同意できる場合のみお申し込み下さいませ。